自筆証書遺言・公正証書遺言

2012年6月26日

自筆証書遺言・公正証書遺言

遺言書は、相続人以外の方に財産を相続させたい場合や、残されたご家族が争わないため書き残します。

                                (遺言書作成のススメ参照)

また、遺言書がある場合原則的に遺産分割は遺言書通りに進められます。

遺言書には自筆証書・公正証書・秘密証書遺言の三種類がありますが、ここではよく利用される自筆・公正証書遺言についてそれぞれの特徴を簡潔に記載します。

 

pencil自筆証書遺言

遺言者が全文、日付、氏名を自署し、押印して作成する遺言書です。

<有効な自筆証書遺言の要件>

 ・全文を遺言者が自書

 ・日付を書く(吉日は無効)

 ・署名をする

 ・印を押す   

 ・訂正・加除等の方法を守る                (民法第968条)

<メリット>                    

 ・費用をかけずに手軽に作成できる

 ・証人・立会人が不要

 ・内容を秘密にできる

<デメリット>

 ・様式不備で無効になる可能性がある

 ・家庭裁判所で検認の手続きが必要

 ・自分で保管するため、第三者に変造・偽造・破棄される可能性がある 

 

参考:自筆証書遺言の文例

               遺言書

  遺言者報徳太郎は、この遺言書により次のとおり遺言する。

  一 妻、報徳花子には次の財産を相続させる。

  (1)土地

     所在 茨城県古河市西牛谷

     地番 ○番地○

     地目 宅地

     地積 100.11㎡

  (2)建物

      所在 茨城県古河市西牛田

       家屋番号 ○番

      種類 居宅

      構造 木造2階建て

     床面積 1階 50.8㎡ 

             2階 30.8㎡

  (3)預貯金

  △△銀行古河支店に有する遺言者名義の預金の全て

  二 この遺言の遺言執行者に長男、報徳一郎を指定する。

  三 付言事項                           

  家族の皆には大変お世話になりました。            

  いつまでも家族仲良く、幸せに暮らしてくれることを願います。 

                             平成24年5月8日  

                          茨城県古河市西牛谷○番地○  

                          遺言者  報徳 太郎 印

  ※付言事項には法的効力はありませんが、遺言の動機・財産配分の理由・家族への感謝などを記載し、
   
家族への最後のメッセージを遺すことで相続の円滑な実現に役立ちます。

 

pencil公正証書遺言

遺言者が、遺言の趣旨を公証人に口頭で述べ、公証人が公正証書として作成する遺言書です。

<メリット>

 ・様式不備で無効になるおそれがない

 ・原本を公証人役場で保管するため、第三者に変造・偽造・破棄される可能性がない

<デメリット>

 ・証人二人以上の立会が必要

 ・公証人手数料など費用がかかる

 ・内容を公証人・証人に知られてしまう

 

参考:公証人手数料

 目的の価格

手数料

100万円以下のもの

5,000円

100万円を超え200万円以下のもの

7,000円

200万円を超え500万円以下のもの

11,000円

500万円を超え1000万円以下のもの 

17,000円

1000万円を超え3000万円以下のもの

23,000円

3000万円を超え5000万円以下のもの

29,000円

5000万円を超え1億円以下のもの

43,000円

3億円までは、超過額5,000万円までごとに、43,000円に13,000円加算

10億円までは、超過額5,000万円までごとに、43,000円に11,000円加算

10億円を超えるものは, 超過額5,000万円までごとに、43,000円に8,000円を加算

                             公証人手数料令第九条別表に基づき作成

 

 

 

 

 

タグ: , ,

コメントは受け付けていません。