信託受益権

2012年8月27日

pencil信託受益権

円滑な資産承継のために信託を利用する場合があります。その際に発生する権利が信託受益権です。

 

信託するとはどういうこと?

信託をするとは、自己(委託者)の財産を信頼できる他人(受託者)に譲渡し、その財産を運用・管理・処分することによる利益を、自己又は第三者(受益者)に与えることを取り決めることです。

 

信託受益権とは?

不動産などの資産を信託銀行などに信託し、その資産から発生する経済的利益を受け取る権利のことです。

信託受益権は証券化して売買することができます。

 

マンション所有のAさん

                                        管理を依頼

                 財産の移転

Aさん                 信託銀行など

                                            

         経済的利益(賃貸収入など)を受取る

                                    信託受益権

 

信託受益権を贈与又は相続したら?

信託の受益者は、信託契約の時に贈与税又は相続税が課税されます。

 

信託受益権は以下の方法により評価されます。

①    元本と収益との受益者が同一人である場合

  課税時期における信託財産の価額

②    元本と収益との受益者が元本及び収益の一部を受ける場合

  課税時期における信託財産の価額にその受益割合を乗じて計算した価額

③    元本の受益者と収益の受益者とが異なる場合

 イ. 元本を受益する場合は、課税時期における信託財産の価額から、ロにより評価した収益受益者に
   帰属する信託の利益を受ける権利の価額を控除した価額

 ロ. 収益を受益する場合は、課税時期の現況において推算した受益者が将来受けるべき利益の価額
   ごとに課税時期からそれぞれの受益の時期までの期間に応ずる基準年利率による複利現価率を
   乗じて計算した金額の合計額

 

タグ:

コメントは受け付けていません。