【茨城相続・報徳メモ】住宅取得の為の贈与を受けた場合の住宅ローン控除

2012年12月28日

住宅取得の為の贈与を受けた場合の住宅ローン控除

 

 住宅の取得のために住宅ローンを組んだ場合、要件を満たすことによって、所得税の控除を受けることができます。(初年度は確定申告が必要)

その際に、両親等から住宅取得のために贈与を受けている場合、控除額の計算に注意が必要となります。

 

<具体例①>

住宅の取得価額・・・3,000万円

住宅取得資金の贈与・・・300万円(全額を住宅取得の為に使用)

住宅借入金(年末残高)・・・2,500万円

 3,000万円-300万円-2,500万円=200万円  

 

住宅借入金の額と住宅取得資金贈与額とをあわせても、取得価格を下回る為、住宅借入金の全額2,500万円が住宅借入金控除の対象となります。

 

<具体例②>

住宅の取得価額・・・3,000万円

住宅取得資金の贈与・・・800万円(全額を住宅取得の為に使用)

住宅借入金(年末残高)・・・2,500万円

 3,000万円-800万円-2,500万円=△300万円  300万円超過

 

住宅借入金の額と住宅取得資金贈与額とをあわせると、取得価格を上回る為、住宅借入金2,500万円から超過分300万円を引いた額の2,200万円が住宅借入金控除の対象となります

 

   国税庁:住宅を新築又は新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)  

 

コラムをご覧いただきありがとうございました。今年の更新は今回で最後となります。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

 

タグ: , , ,

コメントは受け付けていません。