団体信用保険付き

【茨城相続・報徳メモ】団体信用保険付きの住宅ローンと相続

2013年6月28日 金曜日

団体信用保険付きの住宅ローンと相続

 

 亡くなった方に借入(債務)がある場合、マイナスの財産として相続財産から控除することができます。また、亡くなった方が保険料を支払っていた生命保険金は、プラスの財産(みなし相続財産)として相続財産に加算されます。

しかし、団体信用保険付(以下、団信)の住宅ローンの場合は、取扱が違います。団信とは、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う保険です。

 

例 : 団信付の住宅ローン残高が2,000万円残っているAさんが亡くなられた場合

   Aさんが亡くなられた時の団信の保険金

     生命保険会社   →    金融機関(借入先)

             保険金 

     生命保険会社   →    相続人

             支払なし

     受取人は金融機関のため、相続人に保険金は入りません。

     →相続税の課税対象とならない

 

   Aさんが亡くなられた時の住宅ローン

     住宅ローン残高          2,000万円

     団信の保険金          △2,000万円   ローンが完済する

     相続人の債務              0 円  

     →債務控除の対象とならない

                            

団信の保険金の入金は手続き後の為、亡くなられた日時点の金融機関の残高証明書には借入金の残高が記載されている可能性があります。団信加入の有無の確認を忘れずに行ってください。