贈与税

【茨城相続・報徳メモ】贈与税がかかるのはお金をあげたときだけではない!?

2013年2月28日 木曜日

贈与税がかかるのはお金をあげたときだけではない

 

 お金や家などを贈与した場合に、贈与税がかかるというのはよく知られていますが、
思わぬことで贈与税がかかる場合があります。

 

たとえば…

 

保険料を支払っていない生命保険金等を受け取った場合

保険料を支払っていない満期保険金や死亡生命保険金等を受け取った場合、保険料を負担していた人からの
贈与があったとみなされます。
  ⇒ 参考 : 生命保険と税金(2012年7月30日コラム)

 

著しく低い価格の対価で財産を譲り受けた場合(低額譲渡益)

時価よりも著しく低い価格で財産を譲り受けた場合、時価との差額が贈与があったとみなされます。

 具体例 : 子が親から時価3,000万円の土地を500万円で譲り受けた場合、

       差額の2,500万円に対して贈与税が課税されます。

 

名義変更

家・土地・車などを、対価を支払わずに名義変更すると贈与税が課されます。

(ただし、止むを得ない場合などは課税されない可能性もあります。)
  ⇒ 参考 : 国税庁HP 

 

債務免除

借入を肩代わりしてもらうことや、借入を免除してもらうと、債務超過で資力が無く、明らかに債務の返済が
不可能な場合を除いて贈与があったとみなされます。

                                 

 上記のように本人が贈与したつもりがなくても贈与税が課されることがあるのでご注意ください!
もしかしたら…とご不安があればご相談ください。

 

「おしどり贈与」について

2012年11月20日 火曜日

『おしどり贈与』についてchickchick

  皆さんは「おしどり贈与」をご存知でしょうか?
これは名前の通り、夫婦間で行われる贈与について認められている特例です。具体的には、婚姻期間が20年以上の夫婦間(内縁関係を除く)において、居住用の不動産又は居住用の不動産を取得するための金銭を贈与した場合には、2,110万円(内110万円は基礎控除)まで贈与税を課さないという特例です。

例えば、ご主人名義の時価4,000万円の居住用不動産houseを、持分の2分の1を奥様に贈与するなどして利用します。

留意点として

・贈与税の申告が必要

・贈与を受けた居住用不動産に翌年3月15日までに現実に住んでいること。また引き続き住む見込みであること

・同じ配偶者からは一生に一度しか適用を受けられないこと

・不動産取得税・登録免許税が課税されること

 ※登録免許税の税率 :贈与による取得2.0%、相続による取得0.4%

  不動産取得税の税率:   〃    3.0%、   〃    0%

などがあります。

 

 相続対策の基本は「資産を分散させる」又は「資産の評価を下げる」のいずれかです。「おしどり贈与」は前者に該当します。但し諸状況により全ての相続について「おしどり贈与」が有効になるとは限りませんが、人生最大のプレゼントpresentとして検討してみてはいかがでしょうか?

 

※「資産の時価を下げる」事例として・・・

  現金1億円 ⇒ これを原資に建物を建てると7,000万円程度の評価となります
           (固定資産税評価額は時価の7掛のため)